女性のための避妊方法

自分にあった避妊方法をみつける

避妊方法には種類があるため、男性主導のタイプから女性の意思で行うことができるタイプまであります。また、それぞれ特徴や使用法が異なるため、自分にあった避妊方法を見つけることが大切です。
男性主導でできる代表的な避妊方法としてはコンドームがあります。薄いゴムの袋を陰茎にかぶせることにより精液が膣の中へと入るのを物理的に防ぐことができます。コンドームは、破損や脱落、装着ミスなどにより避妊に失敗することもあります。性感染症の予防としても有効ですが、コンドームでは予防できない性感染症もあります。
女性の意思によりできる避妊方法としては、OCやIUS、銅付加IUDなどがあります。OCは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれた薬剤は飲むことで効果を得ることができます。毎日一定の時間帯に飲むことになりますが、正しく飲み続けることで確率の高い避妊が期待できます。ただし、1度でも飲み忘れがあると妊娠する可能性があるため、コンドームなど他の方法を利用する必要が出てきます。IUSは、黄体ホルモンを持続的に放出するプラスチック製の小さな器具を子宮内に入れます。銅付加IUDは、子宮内に銅イオンを放出するプラスチック製の小さな器具を入れます。どちらも産婦人科にて子宮に挿入してもらうことになります。1回装着することで、OCとほぼ同じ効果が数年得ることができます。子宮内に挿入することから、出産経験のある人向きとされています。
すでに子供がいる場合には、卵管や精管を縛る避妊手術を受ける方法もあります。効果が高い反面、一度手術を行なうと元に戻すことが困難になります。男性よりも女性の方が負担が大きい手術です。

生理とトリキュラーの関係について知識がある方はトリキュラー服用されています
モーニングアフターピルで不安解消
マーベロンは女性特有の症状治療に使用
ヤーズは副作用も少なく避妊するならおすすめのピルです