身元保証は社会の常識

subpage1

一般的に就労が決まり、雇い主との雇用契約を結ぶ前に、会社から身元保証人の証明書が必要書類として渡されます。

身元保証の情報はすぐに役立ちます。

身元保証人とは、被用者の親族、知人など親近者による担保となる存在であり、損益賠償等過失行為が生じた際の責任者です。



雇用契約は、雇用者と被用者との信用にかかわるものなので、もし、被用者が会社に対して損害を与えるような行為、例えば社内での不正行為や刑事事件、怠勤後の失踪などがあった場合、当然身元保証人へとまず連絡が行き、事によっては訴訟や賠償が生じることもあるのです。なので、親族ならともかく、あまり接触のない知人や友人が保証人を頼まれた場合など気軽に引き受けるのはリスクがあります。
身元保証制度というものもあり、近年の核家族化で保証人になってくれる人が身近にいない場合便利です。


もちろん、代行業なのでそれなりに費用はかかりますが、親が亡くなり、あまりつきあいのない親戚に嫌な顔をされながら保証人になってもらっても互いにストレスとなりますものね。



これからの時代、少子化が影響し保じ証人を探すことはますます困難になるでしょう。


実際、身元保証人になってしまい、会社のお金を横領したり、前借したまま失踪し、寮であるアパートの荷物などの始末や家賃を肩代わりしなければならず泣き寝入りした気の毒な方もいます。

やはり、責任やお金がからむことには介入したくありませんね。
トラブルがあった場合の関係も崩れますよ。

身元保証を詳しく知りたいなら

subpage2

病院への入院や老人ホームへの入居では身元保証が必要です。この背景にはいくつかの理由があり、例えば経済面の問題があります。...

next

身元保証の知識を増やす

subpage3

老後に一人で生活するよりかは、有料老人ホームで生活したほうが安心できると考えている人がいるかもしれません。しかし、有料老人ホームは賃貸物件と契約するときと同様に身元保証人が居ないと契約する事が出来ません。...

next

身元保証入門

subpage4

病院に入院する時や老人ホームなどに入居する際に、ほとんどのところで身元保証人をたてる事を要求されます。体調変化やトラブルがあった時にかけつけたり対処する人が必要になるからです。...

next

身元保証の情報まとめ

subpage5

公的な介護保険制度の利用では独居などの場合などを除いてその利用料の支払いなどの問題が起こりやすいです。したがって可能な限り身元保証人として家族を立てるように依頼をしたりします。...

next