身元保証が居ないと大変です

subpage01

老後に一人で生活するよりかは、有料老人ホームで生活したほうが安心できると考えている人がいるかもしれません。

身元保証選びであなたの手助けをします。

しかし、有料老人ホームは賃貸物件と契約するときと同様に身元保証人が居ないと契約する事が出来ません。月々の施設使用料の支払いもあり、万が一の時の連絡先を施設側で確保したいからです。しかし、この身元保証人が居ない場合は、契約してもらえないことがあります。

万が一、施設使用料の未払いがあった場合は何処に請求したらよいのかもわからないですし、万が一急病になったときに何処に連絡したらいいのかもわからないからです。

また、身元がはっきりしていない人を受け入れるわけにはいかないからです。


そこで、活用されているのが身元保証代行会社です。



これは、代行会社が身内や親族に代わって保証人になるというシステムを持った会社です。

代行会社と契約する際は、自分の身元がはっきりするものがなければ企業側と契約する事が出来ませんし、月々の契約料も代行会社に支払わなければなりません。



でも、代行会社と契約を結ぶことが出来れば、有料老人ホームの入居契約も代行会社を保証人として建てる事が出来ますので契約する事ができます。


でも、代行会社はあくまで営利団体ですので、自分の身元が分からない人や代行会社に月々の契約料を支払う事が出来ない人は契約する事が出来ませんので、そのために備えて若いうちから貯蓄しておかなければならないというわけです。