介護保険制度を利用する上で身元保証

subpage01

公的な介護保険制度の利用では独居などの場合などを除いてその利用料の支払いなどの問題が起こりやすいです。

したがって可能な限り身元保証人として家族を立てるように依頼をしたりします。このことは介護保険利用時における個別の契約書に明記されており、署名などを求める形式になっていることが多いです。

身元保証関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

介護保険制度は安価に利用が出来るサービスがある一方で高額な有料老人ホームなどもあり、毎月の支払額が在宅と施設さらに施設の中でも有料老人ホームなどは高額な設定になりやすい性質を有します。


したがって利用料の不払いが起こらないように身元保証をしっかりとしてもらう目的があるわけです。



無論それだけではなく万が一のときにおける緊急連絡先という意味も持ちます。ただ結局のところ、毎月利用した額に対する一定の利用料の支払先が誰になるのかを明確にしたいわけです。

なお利用者負担以外の残りの部分は保険請求になりますので問題にはなりません。
身元保証はこうした問題を併せ持つため家族特に血縁関係が遠い親族などの場合に引き受けて欲しいという依頼には、慎重に判断をする必要があります。

引受人になったものの利用者本人は疾病急病などで意識が無くなるなどして利用料の支払いどころではなくなったりするからです。



介護保険サービスの利用で施設ばかりが高額だと思いがちですが、利用回数が多くなると当然ながら負担も増しますのでその点にも注意が必要となります。